<< パソコンを買うタイミング | main | 通報しますた >>

ドコモとオムロンって決別したのね。

オムロンの「ウェルネスリンク」プロダクトをいくつか使ってきた私としては、ちょっと悲しいだけじゃなく、大いに憤りも感じていますが。

ウェルネスリンクサービスの終了について | お知らせ | オムロン ヘルスケア

いよいよデータのダウンロード期限となる5月末が近づいてきました。
健康管理、ってのは継続的にデータを蓄積することが大事なんですが、オムロンとドコモというトップメーカーが既存の危機だけではなくデータすら捨ててしまうような決断をするのは、今後のサービスの信頼感がなくなります。

他のサービスについても、ドコモに注力するようなサービス展開を開始したら、それは黄色信号でしょうね。
Runtasticはどうだ? ドコモに寄りすぎていないか?(なら大丈夫w)

   ★

さて、わたしムーヴのシュリンクと、「dヘルスケアパック」への移行、ってドコモの舵取りですが、見てもさっぱりわからない(笑)

からだにちょっといいトクを 健康アプリが 使い放題 | dヘルスケアパック

消費者寄りのサービスではなく、失敗しないために幅広い業務提携を行って、全方位的にアプリをリリースする。
使うモノ、使わないモノ、そんなの関係なく「パッケージ」でお得感を出して囲い込む……

この先にあるのは、パッケージとしては継続しつつも、利用者の少ない機能のサービス終了、ちょっと話題になったサービスの追加(そしてブームが去ると終了)、という展開。

ヘルスケア系なんですけどね。
そういうログ、利用できなくなる可能性もあるってことですよね。

ちょっと使いにくいなぁ。
メーカーがしっかりとサポートしてくれそうな、タニタにした方がいいですかね?
規模じゃないんだよなぁ。本業にどれだけ真剣か、ってところのような気が。
回線を使わせるために付加機能としてヘルスケアを提供するような考え方だと、これ、将来危なんじゃないかと。


……と、とりあえずデータをダウンロードしつつ、乗り換え先を想像するのです。

at 19:25, いちじ, ケータイ・通信

comments(0), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 19:25, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment









trackback
url:http://digitgadget.jugem.jp/trackback/2815