<< 次のモデルはいつ出るんですか。 | main | 10.5pt。思い立ったら検索…… >>

紙copi ver 2.97 × Windows10 で、ライセンス登録が解除されちゃう件を回避

WindowsXPから使っていた紙copi。
Ver.3になって劇的に変わるかと期待していたんだけど、あまり変わらなかったので、そのままVer.2系を利用中。もちろん、有償版……

さて、マシンをWindows7からWindows10にアップデートしたところ、最近になって、「試用期間超過」ってことで、エラーメッセージが出るようになりました。この辺、Windows側の仕様も変わったんだろうなぁ。
紙copiも新バージョンが登場しているわけだから、旧バージョンに新OSの対策を求めるのもちょっとおかしいので、回避方法を模索。
で、こんな感じでやってみた。

1. タスクトレイに常駐している 紙copi(ver.2.97)を終了
2. スタートメニューから、右クリックで「管理者として実行」
3. ライセンス登録
4. タスクトレイからもう一度紙copi終了
5. スタートメニューから再起動

おやまぁ、これで、「試用期間超過」のダイアログが出なくなりました。
どの辺でトラブルが発生していたのやら。

また、ひと月後にアラートが発生したら、その時はまた、考えよう。

そもそもが、Ver.3にアップデートしてライセンスを買う、っていう買いもあるんですがねぇ……
EvernoteとかATOK Padとか、同種の「簡単にメモ」的なツール、かつ、スマホ/iPhone対応なツールが登場してしまうと、少し魅力が落ちてきてしまっています。

紙copi.net の行方も気になります。


at 14:52, いちじ, ソフトウェア

comments(1), trackbacks(0), - -

スポンサーサイト

at 14:52, スポンサードリンク, -

-, -, - -

comment
T. Inaba, 2016/06/28 9:09 PM

先週Win10にアップグレードしたら今日同じ警告が出て、ググったらこちらの記事にたどり着きました。同じ対応でうまく行きました。タイムリーな記事をありがとうございました。










trackback
url:http://digitgadget.jugem.jp/trackback/2531